Taiyo Fujii 藤井太洋 is a user on ostatus.taiyolab.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse.

Taiyo Fujii 藤井太洋 @t_trace@ostatus.taiyolab.com

CodeIQインタビューの後編が公開されました!

元ソフトウェア開発者のSF作家、藤井太洋さんに聞いた《後編》─テクノロジーとうまく付き合う方法
codeiq.jp/magazine/2018/02/575

リー・モーガンを聞きながら早朝仕事。キャッチーでメロディアスだなあ。
音楽的には彼のピアノを弾いていたボビー・ティモンズが好きなのだけど、音楽に引き込まれてしまって気が散るんだよね。

というわけでツイートしてみた。見ちゃいないだろうが、Twitter Japanに言うよりマシ。

twitter.com/t_trace/status/966

DMCA takedown の詐称は、機械音声でもいいから電話一本かけて訴えが間違いないかどうかを確認するだけで相当減らすことができるだろうに。

トランプは安っぽい現実主義者がトップの座につくとこうなる、の見本だな。

Cheap realist makes the world to be mess.
Actually, armed teacher will be a deterrent for mass shooting in school. But next, shooter will bring his killing arms to another place.
Trump should know that armed professional polices had guarded that school, but couldn't stop his shooting.

- Trump's solution to school shootings: arm teachers with guns
theguardian.com/us-news/2018/f

Japanese labor law prohibits company to fire employees, it seems good at a glance.
This law let company not to owe staffs but use annual contractors who pays social insurance cost by themselves.
And government made a Temporary Staffing Service Law which allows company to use all type of workers not only specialists. After 10 years of this law had been activated, Japanese worker had been divided into regular employees and temporary service staffs, but works are same.

フリーランスの利用に規制が行われれば「厚労省は、制度が導入されれば企業がコスト削減のためフリーランスに仕事を発注するケースが増えるとみる」なんてこともあるだろう。
だが、事業を行なっている専門職の外注費が、社内制作よりも低いことは本来あってはならないことなのだ。
かつて、日本の印刷会社は大勢の「請け取りさん」を抱えていた。雇用ではない。仕事場を職人に貸し、日々の業務を発注していたのだ。腕の良い請け取りさんの月の稼ぎは、同じ業務のできる社員の3倍ほどだったという。
プロが生活できた時代なんだよ。

社外には社員よりも多く出す、という原則も組み込んで欲しいな。

フリーランスに最低報酬 政府検討、多様な働き方促す
nikkei.com/article/DGXMZO27093

結果を出せなければクビ、というアクションが取れず、権限移譲も進んでいない日本の企業にとって、今回、裁量労働制の対象となった企画立案や分析などの業務を担う社員の扱いは難しい。
いくらでも遅くできるのだから、時間給では支払いたくはないだろう。解雇が楽で、権限委譲がはっきりしている国の企業なら(もうあえて欧米とは言わない。中国もそうだからだ)、ビジネス上必要な時点までにこれを仕上げておけ。やり方は任せる、で済むのだ。

あらゆる業種に派遣を認めた派遣法の改正は非正規雇用の常態化を招いた。
解釈によって、あらゆる業種を裁量労働制とみなせるようになる労働法の改正は、有償の残業を日本の社会から消し去ってしまうだろう。
どちらも、日本型の経営がもう回らなくなってきただけのことではある。解決策は解雇を容易にすることと、最低賃金、同一労働同一賃金の原則を徹底することぐらいしかない。

さて仕事。
ブロックチェーンに本格的に向き合う(ただしフィクション)。

CodeIQにインタビューしていただきました!

元ソフトウェア開発者のSF作家、藤井太洋さんに聞いた《前編》──未来を想像する方法とは
codeiq.jp/magazine/2018/02/575

実際に手を動かした技術者が半年かけて手にしたのは120万円ぐらいなんだろうなあ。半月で終わらせる人もやっぱり120万円ぐらい手にしてるだろう。
人月保存の法則か。

人月150万円「半月で仕事終わるよ」社内「人月が高い!」→人月70万円になったが、半年掛かってしまうように… - Togetter - togetter.com/li/1201549

「運命の大統領」、シーズン2がやってくる!

In U.S. 88 guns per 100 person.
I want to know how many assault rifles are...